自然災害対策をする

不動産を借りるにしても購入するにしても、暮らしの安全を考えたうえで借りることは大切です。特に不動産の耐震構造は事前に確認しておくことが大切です。最近では分譲マンション不動産物件などの耐震設備は非常に良いと言われています。

» 詳細を確認する

メリットを考える

不動産を売却する際には任意売却が行われていますが、競売にかけられないようにする為にも、住宅ローンの支払いが困難であると分かったらできるだけ早めに決断して任意売却をする必要があります。

» 詳細を確認する

値上がりが見られる

不動産は地価の動きが激しいものと言われていますが、近年の不動産は徐々に値段が上がってきていると言われています。もし物件の売却を考えているのであれば、建物の現状と需要価格や相場を把握してから決めることが大切です。

» 詳細を確認する

不動産会社選びで迷ったときに参考にすべき情報とは

様々なエコポイント

気になる西東京市の不動産の業者の選び方がこちら!用途に合わせて選択することが大切です。参考にすると良いでしょう。

復興支援住宅エコポイントについて

復興支援住宅エコポイントは,エコ住宅の新築や,エコリフォームをした場合にポイントが発行される制度でした。このポイントは,東日本大震災の被災地復興支援のため,被災地の商品やエコ商品などと交換できました。 復興支援住宅エコポイント制度は,平成27年1月31日に,すでに終了しています。 この制度を活用して,新築住宅は108万9666戸が建てられ,リフォームは79万3097戸において実施されました。約3428億ポイントが発行された事業です。 現在行われている同様の制度としては,国土交通省が実施している「省エネ住宅ポイント」制度があります。 こちらもエコ住宅の新築と,エコリフォームがポイントの発行対象となっているため,新しい住宅エコポイント制度といえます。

省エネ住宅ポイント制度の概要

現在実施されている住宅エコポイント制度は,「省エネ住宅ポイント」になります。 1戸当たりの最大ポイント数は30万ポイントと前回同様であり,非常にお得です。 また,省エネ住宅ポイントでは,対象住宅が,新築,リフォームのみならず,完成済み新築住宅の購入も含まれたり,リフォームの対象も広がるなど,制度の拡充が図られています。 さらに,エコ改修と同時にバリアフリー工事などをすれば,こおれもポイント加算の対象となるので,バリアフリー工事や耐震改修をお考えの方は,エコリフォームも併せて行うことをお勧めします。 なお,ポイントが発行されるためには,工事などの期間の定めがあるほか,ポイント発行申請や完了報告などの手続きが必要となるため,工事をお考えの方は,住宅メーカーやリフォームメーカーに相談してみましょう。

遮音性を意識する

不動産を借りようと考えた時には物件の事前調査が必要になります。特に静かに暮らしたいと考えている人であれば、コンクリート製のマンションなど、遮音性が高い物件を選ぶのが良いでしょう。

» 詳細を確認する