誰もが嫌がるきつい体臭

ウーマン

独特な臭いを発する理由

加齢臭は中高年の男性に起こる症状というイメージが定着していますが、近年では女性でも深刻な悩みの種です。女性の加齢臭は、40代を過ぎてから発生していきますが、30代からでも発生するために多くの女性が対策を講じています。加齢臭の原因はノネナールという物質の臭いですが、汗をかくことで皮脂にある脂肪酸が増えるとともに加齢によって過酸化脂質が増え、その後酸化分解することで生まれます。このノネナールが汗や体臭と混じりあうことで、誰もが嫌がる強烈な臭いへと変化するのが特徴です。これは、女性ホルモンが年齢を嵩むにつれて減少していくことが原因でもあり、一般的には更年期を境に体臭が強くなっていきます。加齢臭が発生する原因はこれらのことが基本的要素となっていますが、他にも臭いを発生させる原因という物が近年明らかになっています。その原因としては私生活の問題でお酒の飲み過ぎや喫煙をする方は、加齢臭の原因である脂肪酸や過酸化脂質が瞬く間に酸化するため、きつい臭いを発することになるのです。また食事の偏りもあげられ、お肉中心の食事が多いと動物性の脂肪分が体内で増え、汗腺の負担や悪玉菌によるアンモニア臭の成分などによって加齢臭に繋がっていきます。次に、活性酸素が増えることで過酸化脂質までも増えてしまい、その結果加齢臭を引き起こしてしまうというのも原因の一つです。体内の活性酸素を外に出すための運動量や睡眠時間の不足によっても引き起こしてしまうので、適度な運動と睡眠は絶対条件でもあります。加齢臭対策には食事を含めた私生活の根本的な改善と、減少したホルモンバランスを整えていくことで予防対策ができるでしょう。

Copyright© 2018 【女性の悩みを改善】ジャムウハーバルソープの効果を徹底リサーチ All Rights Reserved.